上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
いらっしゃいませ♪
ここでは、あたしがすし屋で働いていて
学んだ豆知識を紹介いたします♪


なぜスシはダイエットにいいのか?

お米を食べるとき、「炊きたてサイコーっ!」って思いますよね。
しか~し! 炊く前の生米には、消化吸収されにくい
「レジスタントスターチ」という物質が
たくさん含まれているのですが、加熱されるとその量が
減っていき、ごはんが炊き上がったときにはほとんど
無くなってしまうのである。

ところが、ごはんが冷えるにつれ、再びレジスタントスターチが
増えてくるのじゃぁ~~~!!!
つまり冷ごはんを食べると、なかなか消化吸収されないので
満腹感が持続するということなのだ。
次の食事までの間に、間食せずにすむというのは、実にいい。
でも「やっぱり冷ごはんじゃな~~」というあなた。

そこでスシの登場なのだ。しかもスシは「酢メシ」である。
美肌効果にもバツグンなのだ。うはははは。




お茶いろいろ

緑茶は、ビタミンAやC、鉄分、カルシウムなど、
現代人が不足しがちな栄養素が豊富に含まれているだけでなく、
最近話題のカテキンには、さまざまな抗菌効果や脂肪などの
吸収を妨げる効果があることがわかっている。

このカテキンを上手にとるためには、おちゃの選び方、いれ方に
ちょっとしたコツがあるのをご存知か?
カテキンを多く含んでいるのは、煎茶・番茶・玉露の順。
さらに、煎茶をいれるときのお湯は
熱いほどカテキンが多く抽出されることがわかっている。
体のためには、煎茶を熱くいれて飲むのが効果的なのである。




味オンチ矯正術

ふつうの食生活を送っていれば、体が亜鉛不足になることはまずないが
一人暮らしなどで、加工食品を多く食べる人は要注意である。
加工食品の添加物が、体が食品から亜鉛を吸収するのを
妨げてしまうのである。
亜鉛が体から不足すると、なんと恐ろしいことに
人間は「味オンチ」になってしまうのだ。
ここ最近若者に急激に増えている味覚障害である。

そこで登場するのがミラクル食材・・・それは
「そば」じゃぁ~~!
そばには亜鉛が多く含まれているのだ。
1週間に1回「そば」を食べるのじゃぁ~~!!
その他、亜鉛が多い食材は、柿、ナッツ類、レバー、はまぐり
パセリ、卵黄、ニンニクなど。
インスタントラーメンやレトルト食品の多い人は
ぜひともこれらの食材を積極的に食べるべし。




干しシイタケ ひと工夫

カルシウムには骨や歯を丈夫にし、精神を落ち着かせる働きがある。
このカルシウムの吸収を助けるのがビタミンDで
‘天日干し‘の干しシイタケにたっぷり含まれている。
生シイタケのビタミンD含有量は微量だが
これを天日干しにする(太陽に当てる)と、その量が十数倍増えるのだ
ただし、スーパーなどで売られている干しシイタケは
たいてい機械で乾燥させているため
ビタミンDは天日干しほど含まれていない。
こうした干しシイタケは、使う前に
日光に1時間ほど当てるのじゃぁ~~!!
これだけのことで、ビタミンDの含有量がものすごく増えるのだ。




あら煮って 超オトクなのだ!

脳卒中やガン予防だけでなく、血液をきれいにしたり
視力回復にも効果があると言われているDHA。
イワシやサンマなど、脂の多い青魚に
大量に含まれていることが知られるが、
こうした魚から上手にDHAをとるためには、
刺身や煮魚がおすすめ。
焼き魚にしてしまうと、せっかくの脂が流れ出してしまうからだ。
また、ブリなどは、身よりカマ(頭)の方が
2倍以上DHAが多いのである。
なワケで、すし屋のメニューに「あら煮」があれば、超おすすめ。
それが限定品なら尚更グーっ!
ちゃんとした店ならその日おろした魚のカマを煮るので
数が出せないのである。
でも冷凍してしまうにはもったいないので限定品として出すのである
煮付けると見分けにくいが、よーく見ると
ブリ・ハマチ・カンパチ・タイなどいろいろ混ざっているはずである。
注文する前に「今日のあら煮は何ですかい?」と聞いてみよう。
しかーし、たまにあら煮用にカマだけを仕入れている店もあるから
要注意! 「限定10皿」と書いてあるのに、全く売り切れず
明らかに15人は注文しているだろう! なんて店にご用心!




みそ汁飲むなら わかめ汁

みそはタンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富なヘルシー食材。
さらにみそに含まれるサボニンという成分に抗ガン作用がある。
朝にみそ汁を飲むのは、とてもヘルシーな習慣!というわけだが
毎日飲むとなると塩分過多になるのが気になるところ。

しかし、海藻や野菜の具のみそ汁を多くすれば
塩分をとりすぎないですむ。
海藻や野菜に多く含まれるカリウムは塩分を体外に排出する
海藻に多い食物繊維には塩分の吸収を防いでくれる働きがあるのだ。




わかめの取り扱い注意

わかめは食物繊維をはじめ、体内でビタミンAになるカロチン、
カルシウム、鉄、ヨウ素などのミネラルたっぷりの栄養食品だが
乾燥わかめと生わかめを比べると、栄養素の含有量では
圧倒的に乾燥わかめが優れている。
ただ、乾燥わかめで注意したいのは、戻す時間。
5分以内で引き上げる。
5分以上水につけておくとせっかくのミネラル成分が
水に溶けだしてしまうのだ。




サーモンは太る?

サケの種類には、一般的なシロザケ(別名時鮭、秋鮭)のほかに
ギンザケ、キングサーモン(別名ノルウェーサーモン)、
紅ザケなどがある。
100g当たりで比べると、高カロリー順に

キングサーモン 約240㌔カロリー
ギンザケ 約200㌔カロリー
シロザケ 約179㌔カロリー
紅ザケ 約140㌔カロリー

となっている。紅ザケはなんとキングサーモンの4割以上低い
しかーし、すし屋のネタケースに並んでいるのは、
たいがいキングサーモンである。
ダイエット中のかたで、どうしてもサケが食べたいのなら
おとなしく、家で紅ザケを食べるべし。




レタスよりサニーがおすすめ いらっしゃ~い♪

野菜サラダというと、レタスを使う人が多いが、
もっと使われていいのがサニーレタスである。
サニーレタスには、なんとレタスの約15倍ものカロチン
含まれているからだ。
カロチンは「目のビタミン」と呼ばれるビタミンAに体内で変化する。
OA機器を扱う人、コンタクトレンズをはめている人などに
サニーレタスのサラダは持ってこいのメニュー。
もちろんお子様にもおすすめ。
特に夫婦揃ってメイポばっかりやっているまぐ家のサラダは
今後、サニーレタスにするように!




ミニトマトの意地

うちの店でも付け合せによくミニトマトを利用する。
しかーし、飾りと勘違いして残して帰るオバカさんがいるのだ!
ミニトマトは、あの小さな実にふつうのトマト以上のパワーを
秘めた、おりこうちゃんなのである。
例えば、カロチンは、ふつうのトマトの約2.5倍、ビタミンCは約1.6倍
抗ガン作用があると話題のリコピンも約2倍も多く含まれているのだ。
街でがんばっているミニトマトを見かけたら
ぜひエールを送っていただきたい。

スポンサーサイト
2006.05.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。